お問い合わせ fairyhatskyoko@yahoo.co.jp
by fairyhatskyoko
<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
アシスタント登場
fairyhats御用達のお魚屋さん「魚源」はスタジオの斜め向かいにある(龍月堂とは反対側)。お友達が来ると決まってここに来る。今日は娘がアシスタントで働いてくれたので、ギャラはお魚ランチである。私たち二人とも、お魚好き。
今日のお勧めは火曜日の人気定番メニュー「海鮮ちらし」。ボリューム満点、つみれスープがついて¥750。スタジオに来るなら火曜日かも。

f0071912_21561177.jpg
      
子どもが小さい時は本当に大変だった。10年くらい前からは帽子にのめり込んで、子どもの事は半分しか見ていないような母親だったけど、こんなに素敵な娘(親バカですみません)になりました。

夫婦喧嘩の仲裁はするわ、毎日の夕飯の支度はそこそこの料理を作ってくれて、フランス語で鼻歌を歌う・・・、いつの間にか成長した彼女に、早くに亡くした母の面影をふと感じる。
つらい時も泣きたい時もあった子育てだけど、子どもに支えられている事に今、気づく。そのときは見えなかった。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-28 22:28
un bouquet blanc
f0071912_23245721.jpg今日は英子さんに頼んでいたオーバースカートが出来たとの事、白い花束を持って、アトリエまで飛んでいく。そして彼女のアトリエにびっくり。ウインドウに帽子がいっぱい並んでいるではないか!!私の札幌のアトリエを思い出した。温故知新、これが今年の私のテーマかもしれない。何か忘れてきたものを思い出させてくれた英子さんに感謝。こうしてつながっている人と人との出会いは深遠である。ありがとう、英子さんは神様からの贈り物。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-27 23:36
疲れて疲れて
f0071912_19551345.jpg
もう少しで夫婦喧嘩になるところだった。二人ともかなり疲れがたまっていた雨の日曜日、私は一日中、布団の中で閉じこもりをしようかと思った。

やっと仕事がのってきたなと思うと、もう家に帰る時間になって、あわてて家に帰る。毎日小一時間の距離を往復しながら、いつも時間が足りないと思うのは何かの意味が隠れているのか。アレコレと先回りして家事をしている自分の頑張る気持ちがひっくり返ると、もう何もかも嫌になり、自爆テロ的に喧嘩になる・・・、そんな気配だった。

朝早くバイトに出かける娘と二人でテーブルを囲み、「もう、こんな暮らし嫌になった」と愚痴ると、彼女は「そんな~」と笑って優しく受け取ってくれた。その一瞬で流れが変わった。風が吹いた。

私はのそのそと起きてきた夫に「誕生日のプレゼントを買いに表参道に行こう!」と提案したのだ。日曜日の朝、道路は空いていて、ハンドルを握っていれば、余計な事は考えずにただここにある幸せの中にいた。彼にネクタイを選ぶのは私の楽しみの一つでもある。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-26 19:58
龍月のおじさん
f0071912_221884.jpg
スタジオの斜め向かいの和菓子屋のおじさん。今朝、通りを掃除していると、「カッコイイね、」と私のブーツを褒めてくれる。「そういうおじさんこそ、なかなかよ」と返す私。お互いにくすぐりあって楽しむ、粋なひとときでもある。ここは東京のローカルな商店街・ニコニコロード
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-23 22:12
クレー展
f0071912_21431199.jpg
和菓子屋さんに草餅がならびました。
春がそこまで来ています。

大丸東京で開催されているパウル・クレー展に行った。色と線に「ああ、気持ちいいなあ・・・」と。
「いい気持ち」は元気を連れてきます。

スタジオのティータイムにもパンジーをあしらって。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-22 21:48
人は未来を急ぎすぎる
f0071912_17573522.jpg
夜更かしがたたって眠くて
仕事にならないので
思い切って知人の書展に顔を出す。
そこで出会った言葉
「人は未来を急ぎすぎる」
この言葉に出会う為に
今日、ここに来た?

人間がどうであろうと
自然はゆっくりと私たちを
見守っている。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-21 18:05
六本木ヒルズ
どんよりした天気が昼前から雨になった。
こんな日は静かに仕事に打ち込めるから、また良いものだ。
思いつくままに、ヘアバンドを縫ったり、
スカーフのようなフードを作ったり、
あっという間に時間が過ぎる。

19時に家族で六本木に集合して、中華を囲む。
今どきのはやりのレストランは外国人と日本人で込み合っていた。
今夜は受験が終わって、家族のお疲れ様会。
私にはちょっと油っぽかったけど、安くて活気があって六本木ヒルズ界隈で・・・
首都高を飛ばせば、ひとっ飛びで家に着く。


f0071912_2292063.jpg

[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-20 22:10
遅ればせながら帽子新年会
f0071912_21533340.jpg

                市瀬先生を囲んで帽子の仲間が集まった。
     先生は敬虔なクリスチャンでもあり、帽子という枠を超えて尊敬する先生である。
           50年以上も帽子を作り続けている大家なのに偉ぶることなく、
              未熟な私たちにいつも肯定的に向き合ってくれる。
            「帽子」という私の山登りはまだまだ・・・。
        お食事しながらおしゃべりをして、それぞれの近況を知る、そんな一日も大切。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-19 21:57
ミネソタからの贈り物
                  ミネソタ州在住の姉が帰国した。
        今回は短い滞在で、かわいいお土産を置いて風のように帰ってしまった。
           ミネソタはアメリカの中西部、もっともアメリカらしいアメリカ
              「大草原の小さな家」の舞台になった場所でもある。
             姉は昔から英語が得意で日本では英語を教えていたが
            今は、ミネソタで日本人の為のコンパクトなB&Bをしている。

                 http://www.yukostu.com/


f0071912_2105297.jpg

[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-18 21:08
小さな春、みーつけたっ!
f0071912_2172184.jpg

あ、チューリップの芽が出たア!!
先日のポカポカ陽気に誘われて出てきたのかな、
「しまった!!」って思ってるかな。

そうこうしているとイタリアからの皮が届いた。
こちらも嬉しい春の風。
部屋に広げて、気持ちふくらませて春を待つ。
[PR]
by fairyhatskyoko | 2006-02-17 21:22


ご案内
<帽子スタジオ>
fairyhats studio KYOKO
フェアリーハット
宮崎響子の帽子たち

(予約制)

<ヨガレッスン>
にこにこフェアリーヨガ
(金曜 朝 月4回)

にこにこファミリーヨガ
(日曜 朝 月2回)

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧