お問い合わせ fairyhatskyoko@yahoo.co.jp
by fairyhatskyoko
<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
里羅 Ⅱ
里羅に行ってきました
この間は、まだ飾っていなかった「はがき絵」と木彫額
ご主人が絵を描いて
f0071912_8535058.jpg

その絵を奥様手作りの額が包む
ご夫婦の雰囲気が楽しく伝わってきます
f0071912_8553166.jpg

迷い込んだようなこのお庭は私の大好きな場所
f0071912_8572110.jpg

評判のランチのメニュー作りから、お店の運営、木彫り教室にご自身の作品作り
そして家庭の主婦・・・一人で何役こなしているのかしら・・・
私なんて、まだまだだわ・・・
f0071912_8595446.jpg

そんなオーナーに気に入ってもらえて
私の帽子たちも幸せです

厚木まで東名高速に乗って、ひととき過ごしたくなる大人の空間です
私はここで感じたことを、さらに次へと膨らませます
by fairyhatskyoko | 2007-11-28 09:17 | Comments(4)
秋たけなわ
文化の秋たけなわ・・・ヤマハ管楽器の発表会がありました
f0071912_8181661.jpg

帽子とヨガに忙しい奥さんと
フランス・イタリア・・・と海外に出たがる子供たち
そんな家族を底辺で支える夫の趣味はサックス

7時前に家を出て、8時過ぎて帰宅していては練習もままならないけど
自分なりに続けている

「父さん、上手になったね」と息子
「とっても良かったよ」とおばあちゃん
家族の会話も広がりました

雨の日も風の日も、家族の為に黙々と働いて
息子には厳しいけれど、私には甘い・・・そんな夫を尊敬しています
by fairyhatskyoko | 2007-11-27 08:55 | Comments(4)
帽子のクッキー
ブログでもおなじみn*cafeのnaoさんから、こんな素敵なクッキーが届きました
「お疲れ様・・・」というメッセージとともに
f0071912_9431127.jpg

なんと、帽子の形にKYOKOの「K」が刻まれています

驚きと嬉しさとテンションあがりました

KYOKOのクッキーの誕生です

こんな事も小さなコラボレーションだと思います
ご縁がつながって、自分のできなかった事が広がって
微細な波動ですけれど
たしかに社会が活気付きます
by fairyhatskyoko | 2007-11-25 10:03 | Comments(4)
里羅(リラ)
昨日、厚木のお店「里羅」に帽子を持ってゆきました
東京の雑踏から離れ、静かな住宅街の緑の中に玄関があります
f0071912_13505097.jpg

一階がギャラリーと喫茶、二階で奥様が木彫り教室をしています
f0071912_1403973.jpg

ここで戴くお茶は最高においしいですよ
f0071912_1436389.jpg

帽子の説明とかかぶり方とかに時間がかかってしまい
あっという間に夕方に・・・あまり写真も撮れなくてゴメンナサイ
f0071912_1413634.jpg

お近くの方はどうぞお出で下さい、ボクも待ってるワン!


木彫額とはがき絵展  & 里羅でうたう「私の帽子物語リ」
 11月20日~12月1日  11時~5時(日・月曜日休み)
ギャラリー&喫茶 「里羅」 046-223-7580
by fairyhatskyoko | 2007-11-20 14:10 | Comments(8)
バンダナ風のフワフワ
ずっと前訪れたニューヨークのベーグル屋さんで
黒人の女性がかぶっていた帽子
スカーフを巻いているような
ターバンのような、バンダナのような・・・
とにかくカッコ良かった

小さなフワフワを素材を変えてフォルムを小さくしたら、こんな帽子になりました
ちょっと、そのイメージなんです
f0071912_15413133.jpg

来週から厚木の素敵なお店で、この帽子たちがならびます
オーナーご夫妻のはがき絵と木彫額とのコラボです
おしどり夫婦に割り込んで、私の帽子物語り、どんなハーモニー奏でるのかな

里羅で歌う「私の帽子物語り」 ・・・・ 11月20日~12月1日

ギャラリー&喫茶 里羅(リラ)
厚木市王子1-2-11
046-223-7580
by fairyhatskyoko | 2007-11-15 16:09 | 帽子雑感 | Comments(10)
小さなフワフワ
久しぶりに友達に誘われて 焼き鳥屋さんで呑みました
そんな日の翌日はスタジオにこもる一日になって
ノンストップで帽子づくり
イメージはフワフワ飛ぶし
なかなか、作業がやめられない
f0071912_9182323.jpg

妖精たちは遊ぶのが大好き
私にも、「もっと遊べもっと遊べ」と言っています
by fairyhatskyoko | 2007-11-13 09:26 | 帽子雑感 | Comments(4)
インドの猿
2004年、私のインドの思い出Ⅱです

アシュラムは広くて
寄宿していた部屋から、少し歩いて中央のホールに下りてゆきます
そして、緑深いそこには猿がたくさんいたのです

子どもの頃、犬やネコにも追いかけられた経験のある私(笑)・・・
本当に猿がとても怖かった
一人で歩けないのです

そんな私を見かねた人が棒を一本、渡してくれた
「棒を持って歩いたら?」と

あらら・・・不思議、怖くないんです
棒を持ったら
ちょっと強くなった気がして、一人でアシュラムの中を歩けるようになりました
ところが、2.3日して、その棒を失くしてしまったんです
「どうしよう!!!」

そこで思いついた事は
「そうだ、棒を持っているつもりで歩けばいいんだ!」

こうして私は猿の横を、棒を持たずに一人で歩くことが出来るようになりました
f0071912_10115060.jpg


自分のできなかった事ができるようになって、とっても嬉しかったんです
自分を支える棒を心の中に持てば、怖いものはないのかな・・・って
そんな人生のヒントをインドの猿君からもらいました

そういえば、おまわりさんも棒を持って立っていますよね・・・
by fairyhatskyoko | 2007-11-09 10:26 | Comments(4)
療養用の帽子
母を癌で亡くし、若い頃はその悲しさに押しつぶされそうでした
今はその気持ちを活かしたいな・・・と思うようになって
療養用のこんな帽子ができました
辛い入院生活を少しでも明るい気持ちで過ごしてもらえたら
f0071912_12493931.jpg


素敵な医者との出会い、縫ってくれる人との出会い・・・
人の気持ちがつながって広がって、形になりました

母を亡くした悲しみを埋めるように始めた「私の帽子物語り」が、こんな風に発展してきたなんて
悲しみは、いつまでも悲しいままじゃないし、恵みもあるのですね

すべてに感謝しながら療養用帽子を作る・・・
fairyhats・KYOKOを支える一つの柱となりそうです
by fairyhatskyoko | 2007-11-06 13:31 | 療養帽子 | Comments(14)
心の豊かさ
今週は友永ヨガ学院のインドツアー真っ最中です
2004年に私も行きました
インド、キラキラしていました

まず、色が違います

のんびりしています

多種多様な人々、貨幣、言語・・・そして動物たちが恐ろしいほどに共存しています
f0071912_14545584.jpg

活気があり、混沌として調和しています

神様が川になって降りてきたというガンジス川、そしてヨガの街リシケシ

貧しいのに豊か・・・これが私のインドです
インドを思い出して、心の豊かさについて考えました

あれが欲しい、これが欲しい・・・
こうなりたい、こんどはああなりたい・・・
限りない欲望を少し横に置いて、今ここにある幸せに気づくこと
まさにヨガをすることです

自分に少しばかりの才能があると勘違いして
目を三角にして帽子作りをする自分が、遠くの方に見えました
心が豊かにふくらまないと、物作りはできないのに・・・
アハハって、そんな自分を笑っちゃいます
by fairyhatskyoko | 2007-11-03 15:15 | Comments(8)


ご案内
<帽子スタジオ>
fairyhats studio KYOKO
フェアリーハット
宮崎響子の帽子たち

(予約制)

<ヨガレッスン>
にこにこフェアリーヨガ
(金曜 朝 月4回)

にこにこファミリーヨガ
(日曜 朝 月2回)

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
あきさん、ありがとうござ..
by fairyhatskyoko at 12:44
マカロンさん、ありがとう..
by fairyhatskyoko at 12:40
お孫さんができるんですね..
by yogayogayoga at 11:02
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧