お問い合わせ fairyhatskyoko@yahoo.co.jp
by fairyhatskyoko
<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
村上彩子ファッショナブルコンサート
高校時代の親友は結婚して岡山でピアノ教室を開いている
東京育ちの彼女が閉鎖的な地方都市の生活にいつ弱音をはくかと思いきや・・・
音楽を通じてコツコツと地元に根っこをはって頑張っている

そんな彼女が惚れこんだソプラノ歌手村上彩子のコンサートが
昨年、彼女が一人の実行委員会により岡山で開催され大成功をおさめた
私も行きたかった
親友を応援したかったし、一緒に感動したかった
でも、ヨガの勉強会と重なって行けなかった

それなら、東京でやっちゃえ・・・・ということで
今年の夏の終わりにこのコンサートを企画している

村上彩子ファッショナブルコンサート 「命つながって、ゆめ響かせて・・・」

8月31日(日)5時会場、5時半開演
於 駒場エミナース(井の頭線駒場東大前徒歩5分、新玉川線池尻大橋徒歩12分)
料金 ¥2500(全席自由)

働きながら、勉強しながら7度の受験を経て芸大入学
夢をあきらめないで、ひたむきに歌うソプラノ歌手
そんな彼女を fairyhatskyokoはファッショナブルに応援します
(私はヘッドドレスをTシャツのDressRayさんがドレスを担当します)
f0071912_1765288.jpg

ホールを見学した時に歌ってくれた素顔の彼女です
とってもきれいな歌声と私たちからのメッセージを、ぜひぜひ聴きに来てください
ハートをつなげて、ふるわせて、響かせます

当日はロビーにて帽子の展示も致します

案内をご希望の方はご連絡下さいネ    fairyhatskyoko@yahoo.co.jp
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-27 17:37 | Comments(4)
光の春
日差しの中にどこか明るさを見つける・・・この季節を「光の春」と言うそうです
本当に美しい言葉ですね
忙しい毎日・・・どこへも遠出ができませんが、こんな言葉を胸に置くだけで
キラキラと光る海辺、緑の木漏れ日、そしてそこを吹く風の匂いを思い出します
f0071912_8151436.jpg

そして朝のスタジオにも光の春はやって来ました

札幌から注文を頂いて作ったベレーです
パリで買った素材の良さに助けられて素敵な帽子になりました
出しゃばらないけれど、どこに出しても恥ずかしくない・・・
そんな帽子・・・、そんな生き方・・・

いつまでも私を忘れないで注文してくれる・・・そんなお客様の顔を思い出すたび
月並みだけど、頑張ろうって思う
私を応援してくれる人へのお返しは
良い帽子を作ること・・・、良い生き方をすることだって思うから
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-25 08:24 | Comments(4)
俣野温子さん
彼女がまだ、無名だった頃
私はよく、その雑貨屋に遊びに行った
彼女は店番しながらパステル画を描いていたっけ

買い物もよくした
そのうち、帽子を置かせてもらったり、店番もしたり・・・
彼女の自宅まで遊びに行ってお茶を戴いたこともあったな
25年前の事である

今回、よくぞ私を思い出してくれたな・・という感謝と
果たして期待に答えるものが作れるのだろうか・・・という不安と
だけど、道化師の帽子なんて私にぴったりの仕事・・・こんな仕事がしたかったという興奮と
まさにワクワク・どきどき・グルグルなんです

久しぶりに再会した彼女は前と全然変わらなかったけど
もっとパワフルで、もっと無邪気?
大人っぽくて少女っぽい人になっていた
素敵な人って、相反する二つの魅力を同時に兼ね備えているのかもね

どんな帽子ができるのか・・・
私にも今はまったく分からないけど、またブログで紹介させて下さいね

ああ、やっぱりヨガをしていて良かった
不安や興奮・・・走る気持ちをヨガの呼吸で静めています
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-19 10:01 | Comments(10)
しあわせのお裾分け
「私は世界一しあわせなの・・・」と興奮するのも無理はない
このたび、彼女の詩に曲がついて、オペラ歌手が歌う舞台コンサートとなる運びだ
私はその帽子を依頼されて
しあわせのお裾分けをいただくことになった

道化師の帽子を三つ創る・・・なんだか、とっても楽しそう
f0071912_11103886.jpg

私も小さなしあわせ積み上げよう!!
ほら、ここにも世界一のしあわせ者

              俣野温子 朗読と映像と歌のコンサート
                  「絵から生まれた物語」
                 2008年5月4日/5月11日
                 高崎シティギャラリーホール
                 027-328-5050
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-15 11:35 | Comments(4)
20年前の帽子
ずーっと前に作った帽子を持って来てくれた・・・確か20年くらい前の作品
リボンを取り替えたら、また、よみがえった
f0071912_21403780.jpg

そして、この帽子を買ってくれた、嬉しい!!
f0071912_2141223.jpg

これはパリ・リヨンでかぶっていた帽子
自分用にいいかげんに作ったのに、「これがいい・・・」って言われる
f0071912_21464463.jpg

自分の帽子はかぶりたい気持ちに乗って勢いで作るから、縫製は悪いけど
お客様には丁寧に作り直す
f0071912_21485696.jpg

これは今日の肉そぼろ弁当
私にはサラダや煮物をたっぷり入れて、お肉は入れない
お弁当作り・・・大変だけど楽しい
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-12 22:12 | Comments(4)
神様が宿る時間
とっても寒い毎日なんだけど
夕方の空が明るくて、「あ、日が伸びた・・・」と思うとき
春が一歩一歩近づいていると思う
f0071912_22512340.jpg

金曜日のレッスンが始まる少し前の空・・・きれいでしょう?
空には昼の明るさ、地上は夜のとばりが闇となって広がる、この一瞬が好き
まるで神様が降りてくるような気がする

追いかけていたテニスボールが昼と夜の境に見えなくなって
そして空の美しさに見とれたあの青春と重なり

ガンジス川に祈りを流した・・・あの神聖な夕方を思い出す

そして、自分の中の神様にチャンネルを合わせてヨガをする
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-10 23:11 | Comments(2)
まだまだの自分 Ⅱ
「まだ、自分の力を出し切ってない」
「まだまだ自分を甘やかしている」
「朝まで寝ないでやれば、もっと、できるわ・・・」
f0071912_10241349.jpg

もうこれ以上は頑張れない・・・と思っていた私に
彼女はこう言ったのである

そんなコト言われて腹が立たなかったの?と夫が言った

何を言われても、私は傷つかない
いえ、傷つかない言い方だった
ただ、センサーが受け取り、頭がクールに判断していた
f0071912_10371597.jpg

彼女はその日、朝6時のバスで地方都市から東京に来て
展示会を8時間歩き回った後、夜8時に私のスタジオにやって来た
とても60代の後半とは思えないメチャクチャ元気な女性だった
  
初対面とは思えない本音トーク二時間
資料の詰まった重い鞄を手に帰った

スゴイ人がいるものだ・・・
よくぞ、私に会いに来てくれました
厳しい言葉は痛かったけれど、私は彼女が好きです
そして、そう思える自分も好きです・・・

心に残った一番の言葉 :
  「自分の壁を破ることがその人のキャリアになる・・・」 
  「頑張って下さい、楽しみです・・・」
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-08 11:17 | Comments(10)
春の療養ボネ
今シーズン2回目の雪が降りました
でも、療養の帽子はもう春色いっぱいです

人気があるみたい・・・
「あの帽子はないの?」って患者さんが来るんだって
f0071912_1750130.jpg

この帽子は縫ってくれる人に仕事として頼んでいます
利益を計上しないのでボランティア価格で病棟に並びます

仕事として帽子を作る人も
安く帽子を買うことのできる患者さんも
デザインした帽子を気に入ってもらう私も
皆がそれぞれいい事がある

人に頼んだことで仕事が広がり
今までと違う満足感を得る事ができたみたい
コツコツ作ることも好きだけど
皆の笑顔を見るのはもっと好き
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-04 18:37 | Comments(15)
身の丈
身の丈・・・さる方のブログで読んでから心をグルグル回っていた言葉
さて、自分の身の丈ってどこなんだろうって
f0071912_1045374.jpg

そんな時、友達が言った
「そんな事考えていたら、上に行けないと思わない?」って

そう、何事も先行投資・・・それでいいんだゎ
f0071912_10454334.jpg

今朝、夫が教えてくれた言葉
「永遠に生きると思って働け、明日死ぬと思って遊べ・・・」
なかなかいい言葉ね
でも、私に言わせるとね
「永遠に生きると思ってヨガをしろ、明日死ぬと思って帽子かぶれ・・・」
f0071912_10472774.jpg

羽根がついた茶色のベレーは今日、お別れです
軽く、温かく、お客様に寄り添ってネ

黒の帽子は今、作っている・・・
80代のおばあちゃまの帽子だけど、私がかぶってもとても良い
おばあちゃまだからって年寄りくさいのは駄目よね
fairyhatsは歳、不相応

自分に・・・とパリで買ってきたバックをウインドウに出してみた
欲しい人がいたら、そのままの値段でお譲りします

昨夜、若い女の子がお母さんにおねだりしていた・・・ムフフ・・・
若い子に気に入ってもらって嬉しいわ
[PR]
by fairyhatskyoko | 2008-02-01 11:10 | Comments(10)


ご案内
<帽子スタジオ>
fairyhats studio KYOKO
フェアリーハット
宮崎響子の帽子たち

(予約制)

<ヨガレッスン>
にこにこフェアリーヨガ
(金曜 朝 月4回)

にこにこファミリーヨガ
(日曜 朝 月2回)

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
わ〜、あきさん、コメント..
by fairyhatskyoko at 09:14
私も二の腕が太いので出す..
by yogayogayoga at 07:30
あきさん、ありがとうござ..
by fairyhatskyoko at 19:17
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧